HOTARUコンソーシアムとしては、以下の5つの開発コンセプトを持って標準化を推進して来ました。
その結果、IF.HOTARU規格書の制定、IF.HOTARUの商標の登録など一定の成果を上げることができましたが、
業界の変化が激しく、次のステップに進むにあたっては今後の標準化動向をしばらくの間見守りながら新たな方向性を探るべきであると考え、本年度5月の総会にて、「HOTARUインターフェースコンソーシアムは2021年3月31日までの2年間を休会とし、2年後の光インターフェース標準化進捗状況によって再開・解散を検討する」ことに決定しました。

【HOTARUコンソーシアムの5つの開発コンセプト】
 ■マシンビジョンのみならず産業界全般に貢献するインターフェースであること
 ■高速性能が将来に渡り約束できること
 ■シンプルである事(プロトコル/ケーブリングなど)
 ■その時点に適した伝送能力を低価格で提供できること
 ■オープンなI/Fを目指すこと

【休会中の対応】
 ■ホームページについて
  ホームページはそのまま残しますので、閲覧、文書のダウンロードなど可能です。
 ■IF HOTARUの商標・ロゴの取扱いについて
  製品へのロゴの表記は可能です。「商標・ロゴ取扱いガイドライン」を一読頂き、ガイドラインに沿って手続き願います。
 ■お問い合わせについて
  ホームページ内の「お問い合わせ」フォームからお問い合わせ願います。
 ■IF.HOTARU規格書について
  入手を希望される場合は「お問い合わせ」フォームから連絡をお願いします。